らふたお

「ランニング」「フランス語」「旅」「音楽」 楽しいことだけ、私の好きなものについて書きます。

朝市でエスプレッソ

高山の宮川朝市で、美味しいエスプレッソが飲めます。ホイップクリームはサービスです。
f:id:Samuel358:20180524195534j:image

しかもエスプレッソだけでなく、カップも美味しくいただけます。クッキーでできているんです。
f:id:Samuel358:20180524195554j:image

こんなお店でやってます。

f:id:Samuel358:20180524195611j:image

次に高山に行くときも寄りたいと思います。
f:id:Samuel358:20180524221805j:image

カフェ ひかり

名古屋のものと思ってたクリームパン、実は広島県三原のものでした。
f:id:Samuel358:20180522172219j:image

口の中に柔らかな甘味が広がる美味しさです。

名古屋駅のホームの売店にはコーヒーがありません。待合室にスタバが有るからです。

小立庵の蕎麦

 小立野のお蕎麦屋さん「小立庵」のお昼のメニュー、天麩羅と蕎麦、古代米胡麻豆腐、蕎麦の実の佃煮、蕎麦プリンです。
f:id:Samuel358:20180506172052j:image

 座敷とテーブル席があります。お寺のような建物で、靴を脱いで上がります。
f:id:Samuel358:20180506172108j:image

 お店は珠姫のお寺として有名な「天徳院」の前です。駐車場あります。先日は大型バスが止まっていました。
f:id:Samuel358:20180506172127j:image


広告

 

天橋立のすべて ~ 能登半島が見える?

 京丹後鉄道の天橋立駅から徒歩5分、天橋立ビューランド」にまず行きます。営業は朝9時から。窓口で切符を買って、リフトかモノレールで展望台に上がります。
f:id:Samuel358:20180515135652j:image

 とてもいい天気だったので、迷わずリフトに乗ります。
f:id:Samuel358:20180515135850j:image

 南側から天橋立を望みます。右側が宮津湾、左側が阿蘇海です。ここから股のぞきをすると、天橋立が天に舞う龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれているそうです。
f:id:Samuel358:20180515135728j:image
 展望台にはレストランや遊園地があって、子供も楽しめそうです。下りもリフトを利用しました。
f:id:Samuel358:20180515135806j:image

 日本三文殊のひとつ、文殊堂としても知られる智恩寺の山門です。楼上に釈迦如来を安置し、禅宗洋式の丹後地方最大の山門です。 

f:id:Samuel358:20180515135956j:image

 本堂です。文殊菩薩さまから知恵を授かってきました。 向かって左側に駐車場があり、本堂の前を横切って右側にある観光船乗り場に行くことができます。手前には立派な三重塔があります。

f:id:Samuel358:20180515135924j:image
 観光船乗り場の横に「智恵の輪燈籠」があります。
f:id:Samuel358:20180515140012j:image

  山門の前にある4軒のお茶屋さんで「智恵の餅」をいただくことができます。勘七茶屋さんでいただきました。

f:id:Samuel358:20180515135943j:image

  天橋立の手前にある「廻旋橋」です。

f:id:Samuel358:20180515140146j:image

 船が通れるように回転します。この日は定期点検が行われていました。
f:id:Samuel358:20180515140027j:image
 これより日本三景 天橋立です。
f:id:Samuel358:20180515140209j:image

 天橋立日本海からの風や波で運ばれた砂礫が堆積してできた全長3.6kmの砂嘴(さし)、つまり海中に細長く突き出た砂浜で、8,000本もの松が茂っています。
f:id:Samuel358:20180515140245j:image

 途中にある天橋立神社」です。神社の左側には海辺にありながら真水が湧き出している「磯清水」があり、手水になっています。
f:id:Samuel358:20180515140302j:image

 ここは全国健勝マラソンの発祥地でした。天橋立を渡り切った北側に石碑が立っています。
f:id:Samuel358:20180515140320j:image

 北側に来ました。丹後一宮元伊勢籠神社です。伊勢神社に祀られる天照大神豊受大神がこの地から伊勢に移されたという故事から、元伊勢と呼ばれます。

f:id:Samuel358:20180515140338j:image

 神社の裏を抜けると、リフトとケーブルカーの乗り場があります。今回もリフトを利用しました。駅の前から下り坂の道の両側にお土産屋さんや食堂が並んでいます。駐車場は坂道の下や神社にもあります。
f:id:Samuel358:20180515140352j:image

 上は「傘松公園」です。北側から見た天橋立
f:id:Samuel358:20180515140427j:image
 リフトの駅からもう少し上にも展望台があります。
f:id:Samuel358:20180515140453j:image
 ここからの股のぞきの眺めは、天橋立が昇り龍のように見えることから「昇龍観」と呼ばれているそうです。
f:id:Samuel358:20180515140532j:image

 南北2か所の展望台を制覇して股のぞきをしました。でもこれだけではありませんでした。

 展望台の横にバス停があって、バスが止まっています。行先は成相寺(なりあいじ)」。片道7分登ったところにお寺があり、天気がいいと能登半島まで見ることができるというのです。高所好きの私、入山料400円とバス往復700円のチケットを買ってバスに乗りました。出発は20分おきです。

 1774年建築の本堂です。元は今よりも高いところに建てられていたのですが、山崩れのために現在の地に再建されたのだとか。

f:id:Samuel358:20180515140617j:image

 お寺からさらに山道を登って「パノラマ展望所」に来ました。登り口の看板には「徒歩40分」と書いてあってビビりましたが、15分で到着しました。
f:id:Samuel358:20180515140550j:image

 北東方向の眺めです。なんと、能登半島が見えています。まさか!と思いましたが本当でした。ここまで登った甲斐がありました。
f:id:Samuel358:20180515140604j:image
 戻りは観光船です。定員は40名ほど。毎時15分と45分の出発で、所用時間は12分です。
f:id:Samuel358:20180515140718j:image
 天気が良くて気持ちよく観光できました。乗り物の組み合わせによっていくつかの割引チケットがあります。

広告

 

春が来た

 今シーズン初めての立山、雪の大谷です。午後4時過ぎの到着にもかかわらず、大谷ウォークさせてもらえました。
f:id:Samuel358:20180509142218j:image

下では曇り、登ってくる途中は雨も降ってたのに、上は晴れてて素晴らしい雲海も見ることができました。
f:id:Samuel358:20180509142236j:image

幸運な一日でした。

広告

 

にし茶屋街で "お茶"

 金沢のにし茶屋街にある『数登美(かずとみ)』です。昼は蕎麦屋、夜はワインバー、その間の時間はカフェになります。

f:id:Samuel358:20180505181324j:image

 お茶屋さんの建物ですが、中はすっかり改装されています。カウンター席の横には、中庭が見えます。左側には個室風のテーブル席もあります。
f:id:Samuel358:20180505181335j:image

 わらび餅と加賀棒茶のセットです。黒蜜が濃厚です。

f:id:Samuel358:20180505181349j:image

 こちらはくずきりと加賀棒茶のセットです。これからの季節に美味しくいただけます。
f:id:Samuel358:20180505181359j:image
 表の通りは観光客でいっぱいでしたが、お店ではゆったり過ごせました。

広告

 

願掛け寺「香林寺」

 金沢市寺町に香林寺というお寺があります。広小路から旧鶴来街道を進み、妙立寺(通称忍者寺)の前を通り過ぎ、六斗の広見の手前です。
f:id:Samuel358:20180505181507j:image
 江戸時代初期の軽庵4年(1651年)に建てられた曹洞宗のお寺です。
f:id:Samuel358:20180505181448j:image

 本堂は江戸時代末期に建てられました。ご本尊はお釈迦様で、不動明王像も安置してあります。願掛け寺として有名で、加賀友禅作家の人間国宝、木村雨山が子供の病気の回復を願って2年間滞在し、その間に描いたたくさんの絵が飾られています。
f:id:Samuel358:20180505181526j:image

 有名なのは庭にある「幸福の道」です。方角に合わせて安置してある十二支の像があり、幸福の道を2周した後自分の干支の像の前に行ってお参りをします。お願いをする相手がいる場合はその人の干支の像にもお参りをし、最後にお不動さんにお参りをします。

f:id:Samuel358:20180505181606j:image

 私はイノシシですが、この像はどう見ても豚ですよね。本来12番目の干支は豚だったのですが、日本に干支が伝わった時に日本には豚がいなかったため、代わりにイノシシになったんだそうです。干支はアジア諸国に伝わっていますが、国によって特色があるようですよ。像にかかっているタスキにはお願い事が書かれています。
f:id:Samuel358:20180505181553j:image

広告